2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

amazon

無料ブログはココログ

 

     

 

2017年8月16日 (水)

しょうせつ(30) 人間競馬 著:山田正紀


≪あらすじより≫

新宿副都心。ビルとビルの隙間にわずかな時間立ち現れる古い城郭。空の高みで人間競馬に興じるガーゴイルたち。下界では、三人の男と一人の女がパドックを周回する競走馬さながらに互いを尾行しあっている。タクシー運転手、保険外交員の女、少年、刑事。四人が四人ともいつ、どこで相手を殺すべきか、冷酷に計算を働かせている。殺らなければ自分が破滅するだけだ。最後に生き残るのは誰だ?デスゲーム×ダークファンタジー。




完全にタイトル買いのやまるさん。なんか面白そうだし。こういうデスゲーム系が無性に読みたくなる時がある。ちょうど最近カイジのアニメを見てたところだったので、余計に。



と思ったら、読んでみると思ってた感じと違い、人間関係と殺意が複雑に絡み合う、サスペンス的な要素も大きい。

人間競馬っていうから、僕はてっきり鉄骨渡りよろしく、ゼッケン付けた人々が命懸けで競争するような作品かと…って、カイジに引っ張られ過ぎか (;;;´Д`)




あ、とりあえずグロい表現のシーンは、ごめんなさい無理です 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。




特殊能力による駆け引きあり、そしてラストの意外性ありで、なんか想像と別角度で楽しませてくれた。最後、思わず『そういうオチかぁ~』って呟いてしまった。

しっかりまとまった、読み応えのある作品かと。

2017年8月14日 (月)

しょうせつ(29) 彼女は一人で歩くのか? 著:森博嗣




≪あらすじより≫

ウォーカロン。「単独歩行者」と呼ばれる人工細胞で作られた生命体。人間との差はほとんどなく、容易に違いは識別できない。研究者のハギリは、何者かに命を狙われた。心当たりはなかった。彼を保護しに来たウグイによると、ウォーカロンと人間を識別するためのハギリの研究成果が襲撃理由ではないかとのことだが。人間性とは命とは何か問いかける、知性が予見する未来の物語。




ついに開幕Wシリーズ!気づけば5冊も刊行されている!買ってるのに読めてなかったさ!いつまでも積み本しちまって、すみませんでした森博嗣様!!

ウォーカロンって何か聞き覚えのある響きだ。百年密室のロイディ君がウォーカロンじゃなかったっけ?



それはさておき、ハギリ博士は、実に森博嗣さんらしい、理屈っぽくて感情が割と希薄な主人公。好きだなぁ…。ウグイさんとの掛け合いが、これまた森さんらしくて素敵。



そしてテーマが…



テーマが…




重ーーーい!! \(;゚∇゚)/




人間とは?ウォーカロンとは?命とは?

うぅ…何と重いSFなんだ。倫理観が丸出しになりそうなので、内容についての感想は今のところ、心で思うだけにしておこうじゃないか… (´・ω・`)



ん?2世紀前の歴史上の科学者?



こ、この名前は、もしかして… ∑(=゚ω゚=;)

2017年8月12日 (土)

しょうせつ(28) 将棋殺人事件 著:竹本健治



≪あらすじより≫

謎々を拾った者が、次第に心を病み、墓地で死体を掘り返す――六本木界隈である怪談が広まっていた。そんなとき静岡で大地震が発生、土砂崩れの中から二つの屍体が発見される。屍体と怪談との類似点に注目、調査を始めた天才少年棋士・牧場智久が到達する驚愕の真相とは? 書き下ろし短編「オセロ殺人事件」収録。



好奇心をくすぐりまくる煽り。
あらすじだけ見ると、あれ、将棋は?ってなってくるのだけど…読んでいくと将棋との奇妙な符合が多く、前回の囲碁殺人事件でも披露された強烈なウンチクの嵐(笑)も手伝って、やはり怪談よりも将棋メインの事件だという事を思い知らされる。



それにしても、情景描写のクセがすごいんじゃぁ (゚∇゚|||) 笑
前回もこんな感じだっけ?会話の無いシーンでは特に、詩的というか、独特な表現や例えをガンガンぶっこんでくる。今更だけど、やっぱり作家さんってすげえ w(゚o゚)w




囲碁や麻雀は好きなやまるさんだが、そういえば将棋は小学生の時に覚えたっきり、ほとんどやってない。

単純に下手くそだから、全然勝てないの。

とりあえず矢倉囲い。でも矢倉囲いをした後に、いったいどこへ指せばいいのか分からないし…テレビでプロの対局とかを見ても、歩を急に変なところに打つ(垂らす?)みたいなのも、さっぱり意味が分からない。先が一手も読めない。素人オブカリビアン。



うーむー (=゚ω゚=;)



たしなみとして、もうちょっと将棋も上手になりたいのだ…


2017年8月11日 (金)

あにめ(5) けものフレンズ



少し前に何だか結構話題になっていた、けものフレンズ。この度やっと巡り合う事ができました。予備知識なし。いざいざ。



正直、絵がちょっと苦手なタイプのやつだ (;;;´Д`)
でも12話ぐらいなら、例え期待と違っていたとしても最後まで見る。というか最後でナイスなどんでん返しがあるかもしんないし。
というポジティブな精神でガンガン見るのだ。



みゃみゃみゃみゃみゃー!!



うわー、セルリアンだー!逃げろ!



………




うーん、ほのぼの (*´ェ`*)




フレンズ萌え、そしてこの溢れるほのぼの感が、この作品のヒットの理由なんだろうか。
そうなると、ちょっとやまるさんの好みからは離れていってしまうところ。
あるいは、のんびりしたストーリーの中に、何か壮大な裏テーマが隠されているのだろうか。
とりあえず最終話まで見たが、特にそのテの要素には気付けなかった。



ろくでもない人間の僕だが、動物は大好きなので、ところどころに動物園飼育員さんの解説が入っていたのはちょっと嬉しかった。

最近すさみ倒していた僕の愚かな心が、少しだけ癒された気がする。


2017年7月30日 (日)

しょうせつ(27) 疾風ロンド 著:東野圭吾



≪あらすじより≫

強力な生物兵器を雪山に埋めた。雪が解け、気温が上昇すれば散乱する仕組みだ。場所を知りたければ3億円を支払え―そう脅迫してきた犯人が事故死してしまった。上司から生物兵器の回収を命じられた研究員は、息子と共に、とあるスキー場に向かった。頼みの綱は目印のテディベア。だが予想外の出来事が、次々と彼等を襲う。ラスト1頁まで気が抜けない娯楽快作。




東野圭吾さん読むのめっちゃ久しぶりだぁ (○゚ε゚○)


この作品って確か実写化されていたような。



スキーやスノボに正直これっぽっちも興味が無い、相変わらずインドアくそ野郎なやまるさん。その時点で早速マイナス補正がかかってしまったわけだが…生物兵器発見のカギとなるテディベアの争奪戦はスピード感があり楽しかった。

なるほど、エンターテインメント性が高く、スルッと実写化できちゃう感じが僕の中での最近の東野圭吾さんのイメージと合致する。



恐ろしい生物兵器を巡る話にしてはちょっとノリが軽い感じがして、ざくざく読めてしまうが故に少し物足りないという、個人的にやや不満なポイントは正直あった。

だけど、今みたいに気持ちが疲れている時にサラサラっと読み切るにはうってつけの作品だったのでありました ヽ(´▽`)/

«しょうせつ(26) 奈落のエレベーター 著:木下半太