2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

amazon

無料ブログはココログ

 

     

 

2017年10月23日 (月)

しょうせつ(38) ナナブンノイチ 著:木下半太





≪あらすじより≫

天才詐欺師の津田は、8年の服役を終え出所した。裏の世界からは足を洗う。そう決意したはずだったが、ある日ブーと名乗る男から“仕事”を持ちかけられる。かつて津田を裏切った犬島から、時価20億円とも噂される宝石“グレート・エッグ”を奪うというのだ。復讐心をくすぐられた津田は7人の達人でチームを結成するが、犬島は恐るべき怪物に成長していた。さらに宝石を狙う新たな敵も現れ―。極限のクライム・サスペンス!




サンブンノイチ、ゴブンノイチ、ときてナナブンノイチ。そしてその他のシリーズ、単発もの。何だかんだで木下半太さんも結構読んでるなぁ…。

単独で読んでももちろん楽しいのだけど、こうやって何冊も読んでいると、何となく木下半太さんのワールドが定着してくるというか、ああ、あのキャラがこっちでも暴れるのね、みたいな?繋がってて、時間も流れてて、みたいな?うーん、うまく言えねえ (;´д`)トホホ…


だからといって、前作に頼ってキャラを引用しているわけでは決してなく、常に新しい作品で新しい驚きや新しいドタバタを生み出している感じが、押しつけがましくなくてすごく良い。えーと、これも何かうまく表現できねえ (;´д`)トホホ…



性格に難があるものの、それぞれの分野のスペシャリストを集結させてミッションに挑む…



何かもう、わくわくするよね!!



まさしく、冒頭で津田さんが言っていた、オーシャンズ11のごとし!!



まぁ僕、オーシャンズ11、見た事ないんだけど!! (*≧m≦*)



でもやっぱり、今回も楽しかったですっ!!



以上、台風のせいでテンションがおかしくなってるやまるさんでした!!



2017年10月17日 (火)

しょうせつ(37) 沈黙の教室 著:折原一






≪あらすじより≫



交通事故に遭い、記憶を失った男。その男が所持していた手帳には、「青葉ヶ丘中学校3年A組。同窓会における殺人計画」と記されていた。二十年前、重い沈黙が支配するそのクラスでは、何者かが不気味な「恐怖新聞」を発行し、陰湿ないじめが横行していた。復讐!?記憶喪失の男の正体は!?多くの謎を秘めたまま、ついに同窓会の日を迎える!読者を迷宮に誘う叙述トリックの傑作。




久々に読んだ折原一さん、なかなか読み終える事ができなかった。


700ページ近くの長編だったから?

ノンノン、ホラー調だったからさ Σ( ̄ロ ̄lll)



だってホラー怖いんだもの。だから夜とかは読み進める事ができず…。


あらすじにも書いてあったし、叙述トリックを仕掛けられてる感じはビンビンだったのだけど、警戒していてもやっぱり騙されてしまう巧妙さ、テクニックがすごい。

過去と現在、そして人から人へと視点がくるくる切り替わっていく感じも好きなのだが、それで更にうまく煙に巻かれているような気がする。

学校、古い校舎、同窓会といったクローズドな要素が、じわじわと恐怖を煽る。ホラーはホンマに苦手なので、折原さんの作品は実際苦手なものもあったのだけど…怖いもの見たさで、ついつい買ってしまう。



それにしても、同窓会とかってほとんどした事ないから、その点ピンとこない所もあった。同窓会通信を発行したりとか、タイムカプセル掘り起こしたりとか、世間ではそんな事やってるんだろうか。めっちゃ行動的な幹事あってこそ成立する事なのだろう、きっと。



同窓会バリバリやってるのに呼ばれてなかったらどうしよう ∑(゚∇゚|||) 笑



2017年10月 9日 (月)

しょうせつ(36) トランプ殺人事件 著:竹本健治






≪あらすじより≫

洋館で行われたトランプゲームの最高峰コントラクト・ブリッジの最中、女性が鍵のかかった部屋から消失。別の場所で屍体で見つかった。天才少年囲碁棋士・牧場智久らは、洋館で発見された暗号を解読にかかるが……。ゲーム三部作完結編は密室&暗号ミステリ! 書下ろし短編「麻雀殺人事件」収録。





こういうガッツリした暗号ものって、思えばほとんど読んだ事がないのだけど…ええと、何と言うか…難しいぜ ( ̄Д ̄;;

そして何より、トランプの説明が難し過ぎて、正直全くついていけないぜ ( ̄Д ̄;;

コントラクトブリッジというゲームについて、かなりのページを割いて説明してくれたのに、もう全然理解できなかった…。
僕が知っているトランプといえば、ババ抜きとか七並べとか…。こないだたまたま、ブラックジャックをやったけど、基本的なやり方は知っていても、特殊ルールというか本格的なルールになると、いくら説明されても思考停止だった。
トランプ=楽しい子供の遊び、という認識があるせいか、脳がこれ以上のトランプの受け入れを拒否しているような感じがする…。



そして気がつけば、囲碁、将棋、トランプと、勢いで買ったゲーム三部作はこれにて読了なのであった ( ^ω^ )
結局三連敗。残念ながら謎解きの快感は得られなかったわけだが、個性的でカッコイイ竹本健治さんの文章は、しっかり印象に残った。そして同時に、自分がまだまだミステリ初心者であるという事実を再認識させてくれたのであります。ビギナーやまる参上。やや自信喪失。



なんか色々、ありがとうございました ヽ(´▽`)/


2017年9月30日 (土)

あにめ(6) 東京喰種



以前にマンガ読んで、度肝を抜かれた東京喰種。刊行中のreも、やっぱり面白い東京喰種。


そしてやっと(っていうか今更)待望のアニメに辿り着いたやまるさんなのであった。



とりあえず主題歌カッコイイ~何これこのアニメの為にあつらえたのですか? ヽ(´▽`)/



人間が正義、喰種が悪、という単純な構造ではなく、見てて考えさせられる事の多いストーリー。テーマは重く、根は深く、そして狭間で苦しむカネキくん。壊れてるけど繊細な精神描写は美しさすら感じさせるような…


それらの表現も、そして赫子(←漢字合ってる?)を使った白熱バトルも、映像化によりさらに魅力的になっている。これは絶対見ておくべきアニメかと。うんうん ( ´・ω・`)



ただし一つだけツライ点が…



基本的に失われていくものの多い物語なのだ。reはその傾向がもっと顕著になる。
大怪我をしたり、仲間を失ったり、精神がおかしくなってしまったり…


調子悪い時に見ると、結構病んでしまう僕なのであった (;ω;)
そもそもゴハンが美味しく食べられないなんて、気の毒すぎるっ!



それはさておき、最後にひとつだけ…


西尾錦がカッコ良すぎる!!!


相当イカれている月山との闘いで見せたあの根性!熱さ!命懸けで人を守ろうとする強い気持ち!愛!同じ男として、激しく込み上げてくるものがあった。




人間と喰種、最終的に平和的な道に辿り着けますように…


2017年9月29日 (金)

しょうせつ(35) ビッグボーナス 著:ハセベバクシンオー



≪あらすじより≫

一獲千金に命を賭けろ! ギャンブル・バカvs裏情報
攻略情報会社の内幕すべて覗けます!
パチスロメーカーで企画開発をしていた主人公は、今は攻略情報を売る超やり手の営業マン。ガセネタの攻略法をパチスロ中毒者に売りつけ、大金をふんだくっている。やがて、そんな彼の周囲で不穏な空気が流れ始め――。第2回『このミス』大賞優秀賞受賞作が圧倒的支持を受け、ついに文庫化!







ハセベバクシンオーとサクラバクシンオーって似てますよね!


という、超しょうもないくだりから入ってみました。



ピカレスク的な?ごめんなさい、ピカレスクの意味をちゃんと理解せずに使ってしまっているのだけど…とにかく悪者VS悪者で、行きつく所まで行っちゃうみたいなテイストの小説は、ある意味スッキリする時もある。
けど基本的に平和主義の羊さんのやまるさんには、やっぱり刺激がキツイ 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。



パチンコとかパチスロは一切やらないから、専門用語についてはよく分からなかったが、パチスロ台のイカサマとか、設計ミスをついた大勝ちテクニック、更にはそれらの情報を上手く利用して金を儲ける会社があったりとか…なんだかビックリする事ばっかりで、ちょっと興味深かった。


もちろん小説はフィクションなのだけど、火の無いところに煙は立たず、実際こういうのってあったりするんだろうか。
っていうかパチスロの台に並んで座ってる人たちって、みんなこういうテクニックを使ったり情報を買ったりしてプレイしているんだろうか。老若男女とわず?
ただコイン入れて運任せで当たり待ってるってわけじゃないのか?


謎は深まるばかりなので、今度パチスロ好きの友達に訊いてみようっと (◎´∀`)ノ



あんまりひどい理不尽な暴力合戦の描写は、救いが無いから勘弁してほしいのだ…うぅ…



«しょうせつ(34) 魔法の色を知っているか? 著:森博嗣