2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

amazon

無料ブログはココログ

 

     

 

« しょうせつ(17) 初陣 著:今野敏 | トップページ | しょうせつ(19) 転迷 著:今野敏 »

2017年5月17日 (水)

しょうせつ(18) ダブルダウン勘繰郎 著:西尾維新



≪あらすじより≫

京都―河原町御池交差点。蘿蔔むつみはそびえ立つJDC(日本探偵倶楽部)ビルディングを双眼鏡で一心不乱にみつめる奇妙な探偵志望者・虚野勘繰郎とめぐりあう。―それが過去に66人の名探偵の命を奪った『連続名探偵殺戮事件』の再起動と同調する瞬間だとは思いもよらずに…!?新鋭・西尾維新が御大・清涼院流水の生み出したJDCワールドに挑む。


先日、押し入れでゴソゴソ探し物をしていたら…



なななんと偶然、文庫本やら新書やらが入った収納ケースが発掘されたのであった。


読み終わって処分したと思っていた本、どこかに無くしたと諦めていた本、そして買ってから一度も読んでいない本…


うーん、本達よ、ゴメンネ (p´□`q)゜o。。



そんなわけで、だいぶ昔に買ったダブルダウン勘繰郎のページが今ついに開かれる時。



ハッ! ∑(゚∇゚|||)



JDCワールドって何だろう…?



っていうか、清涼院さんの作品を読んだ事が無いぜ…↓↓



うーん、まぁ、気にせずGoなのだ。申し訳ありません清涼院さん。いずれ必ず読ませていただきます故。


元ネタ知識が無いので、フルに楽しめたとは言えないかもしれないが…実に西尾維新さんらしい言い回しや言葉遊び、突き抜けて個性的なキャラクター、最初から最後までアクセル全開のストーリー ヽ(´▽`)/

西尾維新ファンとしては一気に読まずにはいられない。


ただひとつだけ…ケチをつけるわけじゃないけれど…


登場人物の名前の読み方が覚えられねぇぇぇー (lll゚Д゚)


あれ、『うつろの』だっけ?とページ戻り…
そうそう、『むなしの』だった。ってな感じで、途中で忘れてしまい、冒頭のルビ振ってる箇所まで何度も戻る羽目になってしまった。名前に遊び心ありすぎて、記憶に定着しない…。


うぅ…ニワトリ並みの記憶力でごめんなさい、ごめんなさい…




« しょうせつ(17) 初陣 著:今野敏 | トップページ | しょうせつ(19) 転迷 著:今野敏 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187904/70585384

この記事へのトラックバック一覧です: しょうせつ(18) ダブルダウン勘繰郎 著:西尾維新:

« しょうせつ(17) 初陣 著:今野敏 | トップページ | しょうせつ(19) 転迷 著:今野敏 »