2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

amazon

無料ブログはココログ

 

     

 

« あにめ(3) 終わりのセラフ | トップページ | しょうせつ(21) TENGU 著:柴田哲孝 »

2017年5月25日 (木)

しょうせつ(20) 囲碁殺人事件 著:竹本健治



≪あらすじより≫

山梨で行われた囲碁タイトル戦・第七期棋幽戦第二局二日目、“碁の鬼”槇野九段が、近くの滝で首無し屍体で発見された。IQ208の天才少年棋士・牧場智久と大脳生理学者・須堂信一郎は事件に挑むが、犯人の魔の手は牧場少年にも襲いかかる。ゲーム三部作第一弾開幕!文庫特典:短編「チェス殺人事件」収録。



タイトルがズルいぜ!!!



囲碁が好き(下手だが)、そしてミステリーが好きなやまるさん。こんなん買うさ、買う買う。ついでに続刊の将棋殺人事件も買う買う。トランプ殺人事件も買う買う。



なんたる出費 Σ( ̄ロ ̄lll)



財布が空になった。陰謀だ。貧乏人を狙った陰謀だ。



とまぁグズるのはこのぐらいにして、さっそく読んでみる。竹本健治さん、お初にお目にかかります。

思っていた以上に盛り込まれた囲碁ネタにちょっとびっくりした。基本的なルールの説明から、ビギナーの域をまだまだ脱していない僕には分からないような囲碁の技術や歴史などが要所に散りばめられている。

そんな中で首切り殺人が発生する。こちらは王道な印象で、間違えた推理を発表する探偵気取りのキャラがいたり、主要人物が絶体絶命の危機に陥ったりする。


ちなみに、やまるさんの推理は大概、上記の『探偵気取りのキャラが発表する間違った推理』とカブる。今回もあっさりとカブって終了の二流探偵やまるさん。




囲碁も推理も、まだまだ勉強が必要だと痛感させられる作品でありました \(;゚∇゚)/



>

« あにめ(3) 終わりのセラフ | トップページ | しょうせつ(21) TENGU 著:柴田哲孝 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187904/70671318

この記事へのトラックバック一覧です: しょうせつ(20) 囲碁殺人事件 著:竹本健治:

« あにめ(3) 終わりのセラフ | トップページ | しょうせつ(21) TENGU 著:柴田哲孝 »