2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

amazon

無料ブログはココログ

 

     

 

« しょうせつ(22) 宰領 著:今野敏 | トップページ | しょうせつ(24) 自覚 著:今野敏 »

2017年6月20日 (火)

しょうせつ(23) 火の粉 著:雫井脩介


≪あらすじより≫


元裁判官で、現在は大学教授を務める梶間勲の隣家に、かつて無罪判決を下した男・武内真伍が越してきた。愛嬌ある笑顔、気の利いた贈り物、老人介護の手伝い…武内は溢れんばかりの善意で梶間家の人々の心を掴んでいく。手に汗握る犯罪小説の最高傑作。


ありがたい事に、職場の先輩から薦めていただいたこの一冊。自分で選ぶと同じような系統の本ばかり読んじゃうので、オススメって本当に嬉しい。

特に予備知識もなく早速ページをめくってみる。
ホラー?サスペンス?いやミス?こういう作品にまだ耐性のないやまるさん。傾向と対策が分からず、話がどう展開していくのかも不明のまま読み進めるのだが…



とりあえず、何か怖い (lll゚Д゚)



職場から次の職場へ、そして隣家へ。そしてそして、自宅へ、家族へ…



目的が未だ明らかでないまま、ググッと接近してくる武内氏が不気味すぎる…。シーンごとに確実に懐へ入り込んでくる。家族の心を掴みながら…。



その目的に気付いた時の恐怖、そして気づいていない者との温度差、孤独感、絶望…。



怖ぇよ!!!



雪見さん負けるな!っていうかお願いだから折れないで、負けないで ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ



まぁまぁページ数が多かったのだけど、2晩で最後まで読んじゃった、寝不足なやまるさん。
だってこんなん、結末が気になり過ぎるやん (○゚ε゚○)



雫井さんの世界に、どっぷりハマってしまった僕なのであった。



隣人への警戒を、更に強めてしまう今日この頃。


« しょうせつ(22) 宰領 著:今野敏 | トップページ | しょうせつ(24) 自覚 著:今野敏 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187904/70919328

この記事へのトラックバック一覧です: しょうせつ(23) 火の粉 著:雫井脩介:

« しょうせつ(22) 宰領 著:今野敏 | トップページ | しょうせつ(24) 自覚 著:今野敏 »