2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

amazon

無料ブログはココログ

 

     

 

カテゴリー「しょうせつ」の23件の記事

2017年6月20日 (火)

しょうせつ(23) 火の粉 著:雫井脩介


≪あらすじより≫


元裁判官で、現在は大学教授を務める梶間勲の隣家に、かつて無罪判決を下した男・武内真伍が越してきた。愛嬌ある笑顔、気の利いた贈り物、老人介護の手伝い…武内は溢れんばかりの善意で梶間家の人々の心を掴んでいく。手に汗握る犯罪小説の最高傑作。


ありがたい事に、職場の先輩から薦めていただいたこの一冊。自分で選ぶと同じような系統の本ばかり読んじゃうので、オススメって本当に嬉しい。

特に予備知識もなく早速ページをめくってみる。
ホラー?サスペンス?いやミス?こういう作品にまだ耐性のないやまるさん。傾向と対策が分からず、話がどう展開していくのかも不明のまま読み進めるのだが…



とりあえず、何か怖い (lll゚Д゚)



職場から次の職場へ、そして隣家へ。そしてそして、自宅へ、家族へ…



目的が未だ明らかでないまま、ググッと接近してくる武内氏が不気味すぎる…。シーンごとに確実に懐へ入り込んでくる。家族の心を掴みながら…。



その目的に気付いた時の恐怖、そして気づいていない者との温度差、孤独感、絶望…。



怖ぇよ!!!



雪見さん負けるな!っていうかお願いだから折れないで、負けないで ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ



まぁまぁページ数が多かったのだけど、2晩で最後まで読んじゃった、寝不足なやまるさん。
だってこんなん、結末が気になり過ぎるやん (○゚ε゚○)



雫井さんの世界に、どっぷりハマってしまった僕なのであった。



隣人への警戒を、更に強めてしまう今日この頃。


2017年6月11日 (日)

しょうせつ(22) 宰領 著:今野敏



≪あらすじより≫

衆議院議員が行方不明になっている。伊丹刑事部長にそう告げられた。牛丸真造は与党の実力者である。やがて、大森署管内で運転手の他殺体が発見され、牛丸を誘拐したと警察に入電が。発信地が神奈川県内という理由で、警視庁・神奈川県警に合同捜査が決定。指揮を命じられたのは一介の署長に過ぎぬ竜崎伸也だった。反目する二組織、難航する筋読み。解決の成否は竜崎に委ねられた!


それにしても、毎度必ず内部に敵を作ってしまう竜崎さんなのである。摩擦がエグイ (lll゚Д゚)

僕だったら確実に心が折れる。初期の段階で。



もちろん屈しないのが竜崎さんのスタイルでありカッコ良さなのだ。今回もまぁまぁ独りぼっちだけど頑張れ!



肝となる衆議院議員の行方不明事件がいつにも増して火急である為、臨場感や緊迫感がビシビシ来る。
対立してる場合じゃないぞ、とか意地張ってる場合じゃないぞ、とか思うけれど…やっぱり組織というのはこういうものなんだろうか。一口に捜査といっても、指揮を執る人間によって捜査方針は異なるわけだし、当然成否も分かれてくる。
フィクションでしか知らない警察組織、実際どんな感じなんだろう、とつい考えてしまう。



そして恒例の、同時進行家庭内問題も当然のごとく発生するわけで…うーん、心労が絶えない竜崎さん。こちらも深刻かつデリケートな問題なので、気になるところ。いつの間にか、竜崎さんのみならず、竜崎ファミリーのファンになっているやまるさんなのであった。




とりあえずファイト!お父さん!ファイト!邦彦くん! ヽ(´▽`)/



2017年6月 1日 (木)

しょうせつ(21) TENGU 著:柴田哲孝


≪あらすじより≫

26年前の捜査資料と、中央通信の道平(みちひら)記者は対面した。凄惨(せいさん)きわまりない他殺体の写真。そして、唯一の犯人の物証である体毛。当時はまだなかったDNA鑑定を行なうと意外な事実が……。1974年秋、群馬県の寒村を襲った連続殺人事件は、いったい何者の仕業(しわざ)だったのか? 70年代の世界情勢が絡む壮大なスケールで、圧倒的評価を得て大藪春彦賞に輝いた傑作。



なんとまぁ興味をそそられるタイトル&あらすじであろうか。
まさかのマジ天狗、いわゆるUMAの犯行では…ないだろうから、やっぱり天狗に見せかけた何者かの犯行、と見せかけてやっぱり実は…みたいな妄想を、文庫本片手に展開するやまるさんはヤバい奴だ。


DNA鑑定を行うと、どんな意外な事実が?もうこれは買いでしょー ヽ(´▽`)/



ふむふむなるほど、うーん、やっぱり人間の犯行とは思えないなぁ…



え?DNAがこうで、こうで、こうなるのか…じゃあ犯人像は…



わぁ、こういう系か Σ(゚□゚(゚□゚*)


こういう系がどういう系なのか書いてしまうわけにはいかないが、嫌いじゃない、嫌いじゃないですぞ、このテイスト ヘ(゚∀゚ヘ)


想像力に乏しい僕にはとてもとても予測なんてできない結末だった。
ドキュメンタリーちっくな淡々とした語り口に慣れてくると不思議と、このとんでもない事件が、本当にあった事のような錯覚すら覚えてしまう。


柴田哲孝さん、恐るべし。

2017年5月25日 (木)

しょうせつ(20) 囲碁殺人事件 著:竹本健治



≪あらすじより≫

山梨で行われた囲碁タイトル戦・第七期棋幽戦第二局二日目、“碁の鬼”槇野九段が、近くの滝で首無し屍体で発見された。IQ208の天才少年棋士・牧場智久と大脳生理学者・須堂信一郎は事件に挑むが、犯人の魔の手は牧場少年にも襲いかかる。ゲーム三部作第一弾開幕!文庫特典:短編「チェス殺人事件」収録。



タイトルがズルいぜ!!!



囲碁が好き(下手だが)、そしてミステリーが好きなやまるさん。こんなん買うさ、買う買う。ついでに続刊の将棋殺人事件も買う買う。トランプ殺人事件も買う買う。



なんたる出費 Σ( ̄ロ ̄lll)



財布が空になった。陰謀だ。貧乏人を狙った陰謀だ。



とまぁグズるのはこのぐらいにして、さっそく読んでみる。竹本健治さん、お初にお目にかかります。

思っていた以上に盛り込まれた囲碁ネタにちょっとびっくりした。基本的なルールの説明から、ビギナーの域をまだまだ脱していない僕には分からないような囲碁の技術や歴史などが要所に散りばめられている。

そんな中で首切り殺人が発生する。こちらは王道な印象で、間違えた推理を発表する探偵気取りのキャラがいたり、主要人物が絶体絶命の危機に陥ったりする。


ちなみに、やまるさんの推理は大概、上記の『探偵気取りのキャラが発表する間違った推理』とカブる。今回もあっさりとカブって終了の二流探偵やまるさん。




囲碁も推理も、まだまだ勉強が必要だと痛感させられる作品でありました \(;゚∇゚)/



>

2017年5月23日 (火)

しょうせつ(19) 転迷 著:今野敏


≪あらすじより≫

大森署署長・竜崎伸也の身辺は、にわかに慌しくなった。外務省職員の他殺体が近隣署管内で見つかり、担当区域では悪質なひき逃げ事件が発生したのだ。さらには海外で娘の恋人の安否が気遣われる航空事故が起き、覚醒剤捜査をめぐって、厚労省の麻薬取締官が怒鳴り込んでくる。次々と襲いかかる難題と試練―闘う警察官僚竜崎は持ち前の頭脳と決断力を武器に、敢然と立ち向かう。


今日も元気に隠蔽捜査シリーズなのである。


毎度のごとく、竜崎さんに惹きつけられるかのように事件、難題のオンパレードだ。何かもう手に負えないんじゃないかっていうぐらい (;;;´Д`)


でもでも、それを乗り越える…闘うっていう表現がぴったりの竜崎さん。とりわけ素敵なところは、やっぱりその毅然とした態度。誰が相手でも引かない、へーこらしない、空気を読まない。相手に自分を認めさせた先に、交渉やら取引への展開がある。



相変わらずカッコイイぜ竜崎節 ヽ(´▽`)/



後半というかもうクライマックスも近そうなページで、どかどかっと状況の変化があり、今回きちんと収束するのか心配になってしまったのだけど…やっぱりビシッといっちゃうんだね~

2017年5月17日 (水)

しょうせつ(18) ダブルダウン勘繰郎 著:西尾維新



≪あらすじより≫

京都―河原町御池交差点。蘿蔔むつみはそびえ立つJDC(日本探偵倶楽部)ビルディングを双眼鏡で一心不乱にみつめる奇妙な探偵志望者・虚野勘繰郎とめぐりあう。―それが過去に66人の名探偵の命を奪った『連続名探偵殺戮事件』の再起動と同調する瞬間だとは思いもよらずに…!?新鋭・西尾維新が御大・清涼院流水の生み出したJDCワールドに挑む。


先日、押し入れでゴソゴソ探し物をしていたら…



なななんと偶然、文庫本やら新書やらが入った収納ケースが発掘されたのであった。


読み終わって処分したと思っていた本、どこかに無くしたと諦めていた本、そして買ってから一度も読んでいない本…


うーん、本達よ、ゴメンネ (p´□`q)゜o。。



そんなわけで、だいぶ昔に買ったダブルダウン勘繰郎のページが今ついに開かれる時。



ハッ! ∑(゚∇゚|||)



JDCワールドって何だろう…?



っていうか、清涼院さんの作品を読んだ事が無いぜ…↓↓



うーん、まぁ、気にせずGoなのだ。申し訳ありません清涼院さん。いずれ必ず読ませていただきます故。


元ネタ知識が無いので、フルに楽しめたとは言えないかもしれないが…実に西尾維新さんらしい言い回しや言葉遊び、突き抜けて個性的なキャラクター、最初から最後までアクセル全開のストーリー ヽ(´▽`)/

西尾維新ファンとしては一気に読まずにはいられない。


ただひとつだけ…ケチをつけるわけじゃないけれど…


登場人物の名前の読み方が覚えられねぇぇぇー (lll゚Д゚)


あれ、『うつろの』だっけ?とページ戻り…
そうそう、『むなしの』だった。ってな感じで、途中で忘れてしまい、冒頭のルビ振ってる箇所まで何度も戻る羽目になってしまった。名前に遊び心ありすぎて、記憶に定着しない…。


うぅ…ニワトリ並みの記憶力でごめんなさい、ごめんなさい…




2017年5月11日 (木)

しょうせつ(17) 初陣 著:今野敏


≪あらすじより≫

警視庁刑事部長を務めるキャリア、伊丹俊太郎。彼が壁にぶつかったとき頼りにするのは、幼なじみで同期の竜崎伸也だ。原理原則を貫く男が愛想なく告げる一言が、いつも伊丹を救ってくれる。ある日、誤認逮捕が起きたという報に接した伊丹は、困難な状況を打開するため、大森署署長の竜崎に意見を求める(「冤罪」)。『隠蔽捜査』シリーズをさらに深く味わえる、スピン・オフ短篇集。


超電磁!



スピィィィーーーーン!



ってボルテスだっけ?いや、確かコンバトラーだ。昔スパロボで見たような気がする。


そんなわけでスピンオフ。3.5って何ぞやと思ったら、スピンオフだったのね。


しかも伊丹さんキター ヽ(´▽`)/



率直な感想…



とにかく、面白い!

短編の中で次々起こる事件や問題は、もちろん深刻だし、伊丹さんはいたって真面目に向き合うわけだが…何だろう、竜崎さんとの絡みが妙にコミカルなのだ。
全然性格の違う二人の温度差が、不思議な微笑ましさを生んでいる。

すげぇ邪険な態度を取られたりしつつも、最終的には竜崎さんのおかげで面目を保ちつつ事件を解決。やっぱり持つべきものは良い友達なのですな。


いつも竜崎さんに優位に立たれている伊丹さんだが、たまには竜崎さんをもてあそぶ事もある。なるほど、前作の舞台裏はこんな風になっていたのか (゚0゚)



なんかもう、今後とも仲良く活躍してほしい、一風変わった名コンビなのである。
竜崎さんは認めないと思うけれど…笑


2017年5月 7日 (日)

しょうせつ(16) 疑心 著:今野敏



≪あらすじより≫

アメリカ大統領の訪日が決定。大森署署長・竜崎伸也警視長は、羽田空港を含む第二方面警備本部本部長に抜擢された。やがて日本人がテロを企図しているという情報が入り、その双肩にさらなる重責がのしかかる。米シークレットサービスとの摩擦。そして、臨時に補佐を務める美しい女性キャリア・畠山美奈子へ抱いてしまった狂おしい恋心。竜崎は、この難局をいかにして乗り切るのか?―。



先日までのホラーの流れから一旦脱却なのである。ホラーお腹いっぱい。
そんなわけで、警察小説に帰ってきたぞ私は。フハハハハ。



恋…恋なのですか?竜崎さんが?


どうしちまったんだ竜崎さん。たじたじオロオロ。しかもほとんど丸々一冊近くも動揺して悩み続けるなんて…これはもう、彼の意外な弱点と言って差し支えなさそうだ。


まぁでも最後はやっぱり竜崎さん、仕事も恋?もビシッと結論を出してくれる。テロ防止という超重要任務よりも、むしろ一人の女性に対する感情のほうが彼を苦しめて振り回していたような気もするが (;゚∇゚)/


伊丹さんの存在も、いつもとは違った意味で大きかった。立場でなく、幼なじみとして…なんかイイカンジになってきた二人。普段は冷たいくせに、彼には結構正直に色々話しちゃうんですね、竜崎さん。



畠山さんの再登場も、今後あるのかぁ…  (*´Д`*)


2017年5月 5日 (金)

しょうせつ(15) 不死症 著:周木律

≪あらすじより≫

山奥の製薬研究所で謎の爆発事故が発生。泉夏樹は一命をとりとめるも全ての記憶を失っていた。研究所の同僚・黒崎ら生き残った仲間と脱出を試みる夏樹だが、その眼前に、理性を失い凶暴化した人々が突如襲いかかってきた!?息呑むアクションと隠された禁断の真実…最後の1頁まで驚きの連続!常識を揺るがす究極のバイオホラー×ミステリー。





某ブック〇フにて、昨日読んだ『ドクムシ』と共に、あらすじ衝動買いしたのがこの作品。

バイオホラーミステリーとな。昨日のスプラッタダメージがまだ回復していないのだが大丈夫なんだろうか僕。不安が隠し切れぬ。



ふむふむ、狂暴化した人々が…



ふむふむ、人間をな…



っていうか想像したくねぇぇぇーーー! (#`皿´)



うぐぅ。まぁ、まぁでも、アクション、バトルもあれば謎があり知略もある。スプラッタ度も、まぁギリ許容範囲内だ。ハラハラドキドキ w(゚o゚)w
しかしながら、二冊連続でエグイのを読んでしまうと、やはり精神的に、ちょっとくる↓↓間に愉快なやつを挟んだりしろよ僕のバカバカ。



いわゆる起承転結がハッキリしているように感じたし、文章もすっきりしていて読み易かったように思う。
女性と老人の戦闘力の不自然さ等、バトルシーンにおいて気になる点はちょいちょいあったが…こういうものだと思うことにする。ゾンビものはあんまり読んだ事ないのだけど、うん、こういうものなのだろう、きっと。




そして結末は…何とも言えない気分になる (´д`)

しょうせつ(14) ドクムシ 著:八頭道尾


≪あらすじより≫

7人の男女が目覚めたのは、封鎖された廃校だった。そこにあるのは7日間をカウントダウンする電光掲示板と土鍋、そして肉切り包丁。7日間生き残れば全員解放されるのか?それとも最後の一人になるまで終わらないのか…人間を使った悪夢の“蠱毒”が幕を開けた!

サバイバルサスペンスというか、デスゲームというか、こういう系ってたまに無性に読みたくなってしまう。それっぽいあらすじのを見つけたら、即購入しちゃう僕なのであった。



ふむふむ、生き残るには…



ふむふむ、人間をな…



っていうか内容エグイわ! (#`皿´)



ミステリーやパニックものは好きだけど、どぎついホラーやスプラッタはノーサンキューなのだよ 。゜゜(´□`。)°゜。


ちょっとスプラッタ度が僕の許容範囲を超えていた…。エロスな表現も、やまるさん的には、ちょいと過剰かな…と。集中が散ってしまう。


正直、何日にも渡って頭に残したくない内容だったので、胸が悪くなるのを堪えながら、一気読み。


感想は、えーと、えーと…


とりあえず、夢に出てきませんように…



その他のカテゴリー